メールなどとも連動

オフィス

提供されるサービス

一昔前まで、営業というのは個人のセンスと経験で行うものでした。そのため営業成績には個人差が大きく反映されており、ごく一部の社員のみがトップセールスマンとして高い成績をあげるというのがよくある状況でした。ですが、現在では様々な営業支援サービスがあることから、営業のノウハウなどはかなり共有化されてきています。それぞれの案件がどのように進捗しているかを管理することを案件管理といい、現在では上司、部下、同僚と案件管理を共有することのが一般的です。案件管理を共有しノウハウも共有することでそれぞれの営業マンが営業活動を進めやすくなり、高い効果を出せるようになるという特徴があります。案件管理は日報やエクセルで行うという会社や人も多かったのですが、それにはいくつかのデメリットがありました。それはメールなどのコミュニケーション実績が参照しにくいこと、参照するデータが膨大になり探しにくいということです。案件管理を専門に行うソフトを利用すれば、複雑な案件管理を簡単にできるようになります。多くのサービスではメールやグループウェア、カレンダーなどと連動しているため、一つの案件について参照するときに関係する資料を一気に閲覧できます。高い成績を出している営業マンのノウハウを共有することも容易のため、全体成績の底上げも期待できます。上司が部下の案件管理を見ることもできるので、最近動きのない案件に対して状況を尋ねるなどもできます。